マイコプラズマ肺炎って?

先日、敬宮愛子様が入院され、「マイコプラズマ肺炎」と診断されました。
この「マイコプラズマ肺炎」とはどういう病気なのでしょう。

マイコプラズマ肺炎は、咳などの飛沫感染が主で、幼児から学童までのお子さんがかかりやすいと言われています。幼児から小学生のお子様がいらっしゃる方には、気になる病気ですね。
症状としては、やはり咳。1ヶ月以上長く続くこともあります。その他には、発熱、のどの痛みや鼻水、胸痛、頭痛など。
肺炎とは言っても、比較的元気なため、診断が遅れることもあるそう。咳が長く続くようでしたら、早めに医師の診断を受け、治療を心がけましょう。
スポンサーサイト
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

JMスタッフ

Author:JMスタッフ

カテゴリ
最新記事
最新コメント