五月病

進学、就職と、4月から心機一転、新しい環境に入りその環境に慣れ始めた5月。
なんとなく体がだるかったり、集中できなくて勉強や仕事が身に入らなくなっていませんか。
そんなあなたは、もしかしたら五月病の兆しアリかもしれません。

《五月病とは》
 五月病とは、期待に胸を脹らませて新しい環境に入ったが、その新しい環境についていけず焦りを感じたり、夢と現実のギャップにショックを受けたりした結果、仕事や勉強への意欲を失ってしまう症状の事をいいます。
 もともとは、大学入学後の学生が、ゴールデンウィーク明けくらいにストレスから、無気力な状態になる事からついた病名と言われていますが、新しい環境についていけなかったり、期待感とのギャップによるストレスからくる症状でもあるため、「5月にしかならない」とか「学生しかならない」といったものではなく、新しい環境に入った人ならば誰でもなりうる症状なのです。
 「五月病」とはいわゆる俗名で、医学用語ではないそうで、決められた定義や概念があるわけではありません。医学的には「適応障害」とも言われるそうです。
疲れているのに眠れない、無気力、体調不良といったことになって、過度の自己嫌悪に陥ります。ほかにもよく見られる症状としては以下のようなものがあります。

~ 体に出てくる症状~
疲れやすい。朝起きられない。食欲が湧かない。めまいがする。頭痛、腹痛、便秘。眠れない。動悸。疲労感など。
~ 内面的に出てくる症状 ~
焦燥感がある。イライラする。やる気が出ない。不安感がある。なんとなく落ち込んでいる。何をするのも面倒でおっくう。思考力・判断力が持てない。興味・関心がわかないなど。
このように症状はうつ病と同じようです。
1ヶ月苦しいことが続いた場合は、病院に行くことをおすすめします。

《五月病の原因》
新しい環境での生活というのは、自分自身が感じている以上に心身ともに負担がかかっているものです。
GWなどのまとまった休みをきっかけに今まで溜まっていた疲れが表にどっと出てきたり、今までの事をゆっくり振り返る時間がある時に「自分の人生、このままでいいのだろうか?これからもうまくやっていけるのだろうか?」と悩み、考え込んでしまって発症するケースが多いようです。 
そして遂にストレスが自分のキャパシティを超えたとき、体に症状として現れてくるのです。
新しい環境や人間関係についていけなかったり、悩みを貯め込んでしまうことが大きな原因の1つで、本人が疲れを自覚している場合もありますが、多くの場合はそれまで疲れを自覚できないケースが多いようです。 
かかりやすい人の特徴→生真面目、几帳面、内向的な方に多いようです。
主な原因としては、
• 大きな目標を達成した緊張からの解放感(入試、入社など)
• 新しい人間関係がうまくゆかない。
• 初めての一人暮らしや時間の使い方の変化など、環境に対応できない。
• 新しい環境(勉強や仕事)への不安、不満。
• 期待に膨らませて入った大学や、職場への失望感
• 新しい環境に入り、次の目標を喪失してしまう。
等々、が考えられます。

《五月病を防ぐためには》
五月病を防ぐためには、ストレスをためない事がまずは第一です。
五月病というのは、あなたが一生懸命人生の新たなステージに向かった結果です。ぎりぎりまで神経をすり減らし、一生懸命頑張ってきた結果、無理が生じて体と心のバランスが崩れてしまったのです。ですから、ここは一休み一休みという気持ちで一息ついてみては如何でしょう。
五月病は鬱病と同様の症状といわれています。「心の風邪」とわりきって、一時的なもので”必ず治る”ということを理解してください。
どんな病気でもかかり始めの早い段階で手当てをすれば、それだけ早く治りますので、少しでも5月病っぽい症状がある場合は、自分の好きな空間や時間を作って家族や心のおける友人とおしゃべりしてみたり、一番には専門医の方に相談することをオススメします。
スポンサーサイト