FC2ブログ

JM コラム

JMスタッフの日々感じることを、患者様へのいろいろな情報とともにお伝えしています
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チョコレートとアレルギー

食べ物によるアレルギーが、巷をにぎわせていますね。
今回は、チョコレートに特化してお話ししたいと思います。

お菓子の中でも、大好きな人が多いチョコレートは、実はアレルギー物質をたくさん含んでいることは、あまり知られていません。

アレルギーを起こす原因として、まず1つ目はカカオです。
カカオにはニッケルという金属が含まれているため、チョコレートの食べすぎで金属アレルギーを起こすことがあります。
2つ目はカフェインです。コーヒーや紅茶にも入っている眠気覚ましとして有名な成分ですが、カフェインによる不眠や、頭痛の原因になることがあります。
3つ目はチラミン。バターやチーズなどにも入っています。これが原因のじんましん、頭痛も多いのです。ワイン片手にチーズを堪能・・・危険です。
4つ目はテオブロミン。喘息治療薬としても頻繁に使われる物質ですが、とり過ぎると、吐き気や頭痛の原因になります。
5つ目はトランス脂肪酸。いわゆる身体に悪い油で、取りすぎで免疫を落としてしまいます。チョコレートの他にも、マーガリン、ショートニングにも多く含まれています。

甘くておいしいチョコレートですが、取りすぎは甘いことばかりではないようです。
控えめにして、長く、おいしくいただきたいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。