FC2ブログ

近視と遠視、老眼のお話

今日は近視と遠視、老眼の簡単なお話をします。

近視
調節力を働かせない状態で、平行光線が網膜より前に焦点を結んでしまう状態です。
遠くを見るときは像がぼけて見えますが、近くを見るときには、焦点は網膜に近づき、眼鏡なしでもはっきり見ることができます。

正視                  
kinshi1.gif

近視
kinshi2.gif


遠視
遠視というのは、遠くが良く見えて、近くがぼやけてしまう、近視の反対だと思っている方が多いようですが、それは間違いです。
実際は、目に入ってきた光の焦点が網膜より後ろであってしまい、近くの焦点も合わない状態です。
つまり、近くの物を見るときも、遠くの物を見るときも焦点があっていない状態です。

遠視
kinshi4.gif


軽度の遠視や、年齢的に若い場合は、目の調節力があるので、近くを見るときも、遠くを見るときも、支障がない場合がありますが、中度の場合は、遠くは見えるけど、近くが見えなかったり、強度であれば近くも、遠くもぼやけて見えたりします。
常に焦点を合わせようとして、毛様体を緊張させるので、眼精疲労や、視力障害、肩こりの症状が出やすくなります。


老眼
老眼は、加齢とともに水晶体の機能低下によりピント合わせが衰えてゆくもので、どんな人でも必ず訪れる現象です。ですから近視の人にも、遠視の人にも同様に現れる症状です。
「近視の人は老眼になりにくい」、「遠視の人は老眼になりやすい」とよく言われていますが、これは大きな間違いです。
近視の人は老眼になっても、もともと近くにピントがあっているため、近くを見る時にメガネをかけなくても済みますので、これが誤解の原因だと思われます。
「レーシックをすると老眼になりやすい」というのも誤解です。ただし、近視から正視になったため、「老眼になったことに気付くのが早くなる」という可能性はあります。

これらの屈折異常は、眼鏡・コンタクトレンズ等で通常矯正可能です。
しかし、近年上記の屈折異常のみならず、様々な病気が増加しております。

私自身、目に病気をもっており手術もしました。
術後も左眼の近くが特に見づらい状態です。
普段は両目で見るため、日常生活に支障はありませんが、近くを見る作業や細かい字などを見るのがすごく疲れてしまいます。
当然のことなのですが、目の大切さを改めて感じております。

病気の種類によっては、早期発見・治療により進行を防ぐこともできます。
眼に異常や違和感がある場合や見づらさを感じた時などは、勝手に近視が進行しただけだから大丈夫などと決め付けず、一度病気でないかを確認するため、眼科を受診しましょう。
スポンサーサイト