まさかプレゼントの中身が・・・

先日、義母の誕生日がありました。今回は古希のお祝いでもあったので、何かほしいものはないかと聞いてみました。すると最近、炊飯器の調子が悪いので、新しく買い換える予定があるとの事でこれをプレゼントする事になりました。早速、近くの家電量販店にて品定め。店員のAさんに事情を話して商品の説明を聞くと共に価格交渉しました。結局、夫婦二人の生活なのでサイズは小さいが、最新式の真っ赤な炊飯器を購入する事に決定して、精算後にラッピングをしてもらって帰宅しました。

数日後、妻が義母の誕生日にお祝いのプレゼントとして持っていって開封したところ、なんと中には黒い炊飯器が入っているし、メーカーも違っていると、私の携帯に電話が入った。最初、妻の言っている事がよく解らなかったが、詳しく話を聞いてみると、どうやら家電量販店でラッピングをする時か、商品を渡す時に間違えたのだと理解した。
まさかプレゼントの中身を入れ違うなんてと怒り心頭で、直ぐに家電量販店に電話して、担当のAさんにどう対応するのか尋ねると、在庫を確認し、今から直ぐに取替えに伺いますとの返事。幸い在庫があって、約二時間後に真っ赤な炊飯器が無事に届けられました。お詫びにお米も頂いて、当日の晩御飯から新しい炊飯器を使用できて、義母には喜んでもらう事ができました。

何事もミスをしないのが最もよいのですが、起こしてしまったミスには真摯にそして迅速に対応することが大切だと感じました。今回のAさんの対応は、迅速で的確でした。この事があって逆に彼に対する信頼感が生まれました。私も改めて誠意をもって日々の業務に当たろうと、感じた出来事でした。
スポンサーサイト