FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前から幸せへ

人間誰にでも悩みはあるし、いいことよりも嫌なことのほうが多く、人間が会話の中で話す約6割は愚痴や否定意的な言葉が使われているようです。私もよく否定的な言葉を無意識のうちに発していると思います。しかしほんの少しだけ言い方を変えるだけで、ずいぶんモチベーションも変わりますし、周りにいる人にも不快な思いをさせません。

人間は幼児期をすぎた頃から日常生活に関する疑問がどんどんなくなって、すべてのことが当たり前になってしまいます。
 例えば、幼児が「どうして犬はほえるの?」や「どうして冬は寒いの?」などの疑問が次々と湧いてくる訳ですが、大人にとってはそれが当たり前のことすぎて説明のしようがありません。このようにだんだん成長するたびに疑問が消え去って、いつの間にかそれが、当たり前になっているのです。物のことだけではありません。人間は、今の自分がどれだけ幸せかを理解している人は世の中に何人いるのでしょうか。平和であること、住む場所があること、食べるものがあること、周囲の家族や友達や仲間の存在があること。それだけでも十分に幸せなのに欲しいものが手に入らなかったり、自分よりいいものを持っていたりする人を見るとその人より私は劣っていると自分は醜い思いをしていて、もっと上を目指したいと思って生きている人のほうが多いのではないでしょうか。しかし、人間には欲があるのでそう思ってしまうことは自然なことなのですがなるべく意識をして思わないようにすることが大切ですね。

私事ではありますが最近、実家から離れ1人暮らしを始めました。初めは親から離れた開放感と自由になった気分でした。家事もそんなに実家でお手伝いをしていた訳ではないけれど、なんとかなると思っていました。しばらくすると、仕事をしながらの掃除、洗濯、炊事はやらなければいけないことは分かってはいるけど、なかなか完璧にはこなすことができないことに気づきそこで初めて母のありがたみを実感しました。それでも私の母は働きながら毎日の家事をしっかりしくれていました。反抗期も含め、なかなか親の言うことが聞けなかったり、甘えていたりした私でしたが、子どものことをいつも一番に考えてくれていた母に感謝です。
人間は、慣れてしまう動物なのである意味怖いなあと思います。少しは目の前の現実を見つめ直すことが大切なことだと思う日々です。そして今の生活を当たり前のようにとらえるのではなく、今の自分は「幸せ」だと思える人になりたいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。