皆さんは何かペットを飼っていますか?

 皆さんは何かペットを飼っていますか?

 我が家には11歳になるメスの柴犬が同居していますが、この犬にはいろいろ手を焼かされています。
 以前飼っていたゴールデンレトリバーが死んでしまい、かわりの番犬として買ってきたこの柴犬でしたが、あまりの可愛さに番犬として外に出すことができなくなってしまい結局家の中で飼うことになりました。

 子犬の頃、獣医の勧めで避妊手術をした際どうやら膀胱の神経を傷つけてしまったようで、立っているときはいいのですが横になって寝るとオシッコが漏れてしまうようになりました。それ以来この犬が寝転がると急いで「おしっこシート」をお尻の下に敷かければなりません。
 また、夏休みに我が家に遊びに来ていた甥っ子たちがしていた花火の音に驚いて飛び跳ねた際、後ろ足を脱臼してしまい立ち上がることもできなくなってしまいました。すぐに動物病院に連れて行きましたが、結局足の骨頭切除手術をしなければならず、入院をして各種検査そして手術となりました。人間のように保険もきかず、大きな出費になってしまいました。
 さらにこの手術前にしたレントゲン検査で、心臓が大きく肥大していて肺を圧迫していることが発覚。結局1日2回服用の心臓の薬が処方されましたが、この薬代がなんと1ヶ月分で2万円です。あまりに高いので1日1回しか薬は飲ませていません。
 この犬の不幸はまだ終わりません。片足の手術から数か月後、今度はもう片方の足を脱臼です。獣医によれば柴犬は先天的にこの症状が多いとのこと。あきらめてこちらの足も同じ手術をすることになりました。手術当日、犬を動物病院に預けて帰宅して数時間後、獣医から電話がありました。「手術の為の麻酔で一度心臓が止まってしまった。念のため麻酔の種類を変えてトライしてみます」とのこと。結局手術は何とか無事に終わりましたが、退院時の請求書を見て、今度は自分の心臓が止まりそうでした。

 あれから数年が経ち、他に病気やけがもなく元気にしていますが、今や立派なおばあちゃん犬です。眼は白内障でだんだん白くなり、あんなに大好きだった散歩も早々に切り上げて家に帰りたがります。いろいろ世話のかかる犬ですが、我が家では家族同然の大切な存在です。どうか元気で、長生きしてほしいと願うばかりです。
スポンサーサイト
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

JMスタッフ

Author:JMスタッフ

カテゴリ
最新記事
最新コメント