ワインの一種

ボジョレ・ヌーボー

11月も半ばとなって、(株)ジャスト・メディクスのボジョレパーティーが開催されました。
ある人は静かにグラスを傾け、ある人は大いに盛り上がっていました。
しかしながら、お酒は、飲んで騒ぐばかりで、そういった蘊蓄には全く興味がなかったわけで、「解禁日が、毎年11月の第3木曜日午前0時」って・・・最近知りました。
今更聞けねぇって感じなので、この機会にちょっと調べてみました。
ボジョレ・ヌーボーって
ワインの一種。
フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られる新酒。赤ワイン。
ボジェレー・ヌーボーは、その年に収穫されたブドウで造られた新酒であり、ブドウが良質であるかを確認するためのものでもある。
ちなみに輸入量第1位は日本であり、全生産量の約4分の1を占めている。
*製造方法
マセラシオン・カルボニックとは、急速で発酵させ短期間でワインに仕上げるために、ブドウを潰さずにそのまま発酵させる醸造法である。
*賞味期限
通常のワインと異なり、ボジョレ・ヌーボーは熟成されると味が落ちてしまうため、できるだけ早く飲む方が良いとされている。
特に定められた賞味期限はないが、2~3ヶ月以内に飲むのがベストといえる。
*飲み方
通常のワインは常温で飲むのが美味しいとされているが、フレッシュを売りとするボジョレーは、ワインクーラーなどでやや冷やして飲む方が美味しさが際立つ。(抜粋)

冷やして飲むのか・・・知らなかった。
みなさん、楽しく飲むのは良いですが、お帰りの際、忘れ物に気をつけて下さいね。
大切なものなくさないようにしてくださいね。

鞄、上着、財布・・・記憶とか。俺か。


スポンサーサイト