バレンタインデーとホワイトデー

皆さん、今年のバレンタインデーとホワイトデーはいかがお過ごしだったでしょうか。
素敵な日になった人もいれば、そうでなかった人、または、いつもと変わりのない日だった人もいるでしょう。
バレンタインデーとホワイトデーの始まりについて調べてみました。

バレンタインデーは、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていたそうです。
日本社会に定着したのは、1970年代後半で、「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころだそうです。

ホワイトデーは、3月14日で、一般的にバレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日とされています。
ホワイトデーの習慣は日本で生まれ(1978年に全国飴菓子工業協同組合が3月14日に定めた)、中国・台湾・韓国など東アジアの一部でも定着しているようです。欧米ではこういった習慣は見られないようです。

最近のバレンタインは、「友チョコ」「自分チョコ」「チョコ男」などのように変化してきている。思いを寄せる男性にあげる「本命チョコ」よりも、友達同士で贈り合う「友チョコ」の方が多くなってきているのが現状だそうです。
「バレンタインデーは『告白する日』から『チョコレートを介したコミュニケーションの日』へと変わってきている」と某製菓会社の方が語っています。
近年新たに増えているのが、自分のために買う「自分チョコ」。さらに、最近では、10~20代男性を中心に、チョコレートを贈る「チョコ男」も登場しているようです。

皆さんにとって、来年のバレンタインデーとホワイトデーが素敵な「コミュニケーションの日」になることを願っております。



スポンサーサイト
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

JMスタッフ

Author:JMスタッフ

カテゴリ
最新記事
最新コメント