FC2ブログ

JM コラム

JMスタッフの日々感じることを、患者様へのいろいろな情報とともにお伝えしています
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
  • 6月病 (2017.05.12)
      

≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

6月病

ゴールデンウィークもあっという間に終わって、明日から、仕事いきたくね~なんて言っていた人はいませんか?
新入生や新社会人が、新しい環境で緊張が張りつめた4月の1か月を過ぎ、連休明けころに無気力状態に陥ってしまうことを「5月病」と言っていますが、最近では「6月病」という言葉が出てきているそうなので、ちょっと調べてみました。

『6月病』とは
新社会人が発症することの多い心身の病をいうが、医学用語ではない。新人研修が終わって職場に配属される6月頃に発症することから6月病と称される。医学的には適応障害にあたり、急激な生活の変化についていけないストレスにより、不安、焦り、気分の落ち込みなどの精神的症状や、吐き気、腹痛、不眠などの身体的症状が引き起こされる。近年では、新人以外の社会人が異動や転職をきっかけに発祥するケースも増えている。(知恵蔵miniより)

「6月病」は、とくに会社の新入社員に増えていると言います。4月研修期間を終え、5月から新しい部署に配属され、ようやく新生活に慣れるのが6月。そのあたりで、心の疲れやストレスが噴出するということですね。
新人じゃなくても、移動、転勤でも起こりうるので・・・

この病に陥りやすいのは「真面目で几帳面で頑張り屋」の人だそうです。
ストレスをためないように、頑張りすぎないようにということでしょうが、それを自分で克服するのは容易ではないですね。
いつもと様子が違うことを自覚したら、自分では判断せず、早めに医師に相談しましょう。



スポンサーサイト