初耳学

先日テレビで「その調理、9割の栄養捨ててます。」という野菜の切り方の本が売れていると言っていました。普段、当たり前のような切り方ではせっかくの栄養が取り切れていないという事実にがっかりしました。
この時期よく目にする南瓜、普段煮物などで食べている皮が緑色の南瓜は、英語で「パンプキンPumpkin」と言わないそうです。正確には「スクウオッシュSquash」といい、pumpkinはハロウィンで見かける黄色い大きなカボチャを意味するそうです。
あの有名なカリスマ塾講師、「今でしょ」の先生も初耳だと話してました。

生まれて何十年にもなる私ですが、知らないことばかりで、普段「勉強しなさーい!」と子供に吠えるばかりでなく、資格取得に向けて勉強していた日々を思い出して・・・と思う今日この頃です。



激しい雷雨のあと居酒屋にて

激しい雷雨のあと居酒屋にて
カウンター席に座り、枝豆でビールをのんでいると
突然

客A:フクロウとミミズクはどう違うのかな
私 :さあ

二人で美味しいビールを飲みつつ、姿を思い浮かべながらあれこれ話していると
カウンターの中から、

大将 :それはねと詳しい解説が
客Aと私 :ああそう

一緒に考えてくれたらもう一本ビールをのむ時間ができたのに。
間が悪い
スマホで調べるより知らないふりしてよ~

次は、酔っぱらいの多種多様な生態も調べてね。

また降り出しそうなので、帰ります。

夜行性の薬剤師


*フクロウとミミズクの違いはスマホで調べてください。



TVなし生活

先日、我が家のTVが壊れました。
私は買い替えとなると、いくらかかるのだろ~?と考えていると、
子供が自分から「TVなしでいいよ」なんて言ってきたので、
それなら、新しいものは買わずなしにしてしまおうという事になりました。

TVがないと家の中が静かです。
TVをダラダラとみて無駄に過ごす時間がなくなりました。
気のせいか、家族でおしゃべりをする時間が増えたようにも思います。
スマートホンなどがTVの代わりをしているので困ることもなく、退屈もしません。
ただ、TVがなくなった代わりにスマートホンばかりではいけないので、注意しなければいけませんね…

TVなし生活になって、まだ10日程です。
TVがないだけで時間の流れ方が変わり、日常生活がとても新鮮です。
TVが壊れたことによって、思いがけず時間の使い方を見直す良い機会になりました。



断捨離

今年のゴールデンウィークに断捨離をして部屋をすっきりさせようと考えていた。

とにかく我が家にはあきれるほど物があふれている。
特に紙類はあっという間に山積みにされる。
ちょっと部屋の端に寄せようものなら、一か月は日の目を見ることはない。

まずは「この紙類から片付けよう」と各部屋の「山」をリビングに集め、分別が始まった。かなり捨てたつもりだが、なかなか減らない。
残った紙類の行き場も未定。結局、足の踏み場もないくらい散らかった所で力尽きてしまった。
私の中ではかなり片付けたつもりだが、家族の目には散らかしているようにしか見えなかった事が残念でならない。
結局、ゴールデンウィーク中に断捨離は出来ず、紙類の処分に終わった。

今、6月になり、リビングには新しい山が出現している。
いつになったら我が家の断捨離は始まるのか・・・。
永遠のテーマである。


6月病

ゴールデンウィークもあっという間に終わって、明日から、仕事いきたくね~なんて言っていた人はいませんか?
新入生や新社会人が、新しい環境で緊張が張りつめた4月の1か月を過ぎ、連休明けころに無気力状態に陥ってしまうことを「5月病」と言っていますが、最近では「6月病」という言葉が出てきているそうなので、ちょっと調べてみました。

『6月病』とは
新社会人が発症することの多い心身の病をいうが、医学用語ではない。新人研修が終わって職場に配属される6月頃に発症することから6月病と称される。医学的には適応障害にあたり、急激な生活の変化についていけないストレスにより、不安、焦り、気分の落ち込みなどの精神的症状や、吐き気、腹痛、不眠などの身体的症状が引き起こされる。近年では、新人以外の社会人が異動や転職をきっかけに発祥するケースも増えている。(知恵蔵miniより)

「6月病」は、とくに会社の新入社員に増えていると言います。4月研修期間を終え、5月から新しい部署に配属され、ようやく新生活に慣れるのが6月。そのあたりで、心の疲れやストレスが噴出するということですね。
新人じゃなくても、移動、転勤でも起こりうるので・・・

この病に陥りやすいのは「真面目で几帳面で頑張り屋」の人だそうです。
ストレスをためないように、頑張りすぎないようにということでしょうが、それを自分で克服するのは容易ではないですね。
いつもと様子が違うことを自覚したら、自分では判断せず、早めに医師に相談しましょう。



最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

JMスタッフ

Author:JMスタッフ

カテゴリ
最新記事
最新コメント